グリーン電力証書システムとは?

グリーン電力とは、風力、太陽光、バイオマス(生物資源)などの自然エネルギーにより発電された電力のことです。石油や石炭などの化石燃料による発電は、発電するときにCO2(二酸化炭素)が発生しますが、自然エネルギーによる発電は発電するときにCO2を発生しないと考えられています。また、再生可能であるため環境への負荷が小さいエネルギーです。

自然エネルギーの価値

このように風力など自然エネルギーによる電気は、「電気そのものの価値」の他に、省エネルギー(化石燃料の節減)やCO2排出抑制といった付加価値を持った電力と言えます。 これを「環境付加価値」と呼んでいます。

この「環境付加価値」を、電力と切り離して「グリーン電力証書」という形で購入し、通常お使いいただいている電気と組み合わせることで、環境にやさしい価値を持つグリーン電力を使用しているとみなすことができます。

グリーン電力証書システムとは

「グリーン電力証書システム」とは、自然エネルギーにより発電された電気の環境付加価値を、証書発行事業者が第三者機関(グリーンエネルギー認証センター)の認証を得て、「グリーン電力証書」という形で取引する仕組みです。
「グリーン電力証書」を購入する企業・自治体などが支払う費用は、証書発行事業者を通じて発電設備の維持・拡大などに利用されます。証書を購入する企業・自治体などは、「グリーン電力証書」の取得により、発電設備を持たなくても、証書に記載された電力量(kWh)相当分の自然エネルギーの普及に貢献し、グリーン電力を利用したとみなされるため、地球温暖化防止につながる仕組みとして関心が高まっています。

お客さまは、日本自然エネルギーとグリーン電力証書発行に関する契約をします。

日本自然エネルギーは、グリーンエネルギー認証センターの設備認定を得た後、自然エネルギー発電事業者に発電を委託します。

自然エネルギー発電事業者は、発電の実績を日本自然エネルギーに報告し、日本自然エネルギーは発電事業者より自然エネルギーの環境付加価値を購入します。

日本自然エネルギーは、発電実績をとりまとめ、グリーンエネルギー認証センターに、電力量の申請を行い認証を受けます。

日本自然エネルギーは、認証された電力量を契約量に応じてお客さまに配分し、「グリーン電力証書」を発行します。お客さまは「グリーン電力証書」の費用を支払います。

お客さまは従来どおり電力会社からの電力の供給を受け、自然エネルギーにより発電された電気は発電所地域の電力会社等が購入するか、発電事業者の工場等で使用されます。

お客様のメリット

1.環境貢献の活動として取り組めます。

グリーン電力証書を購入することにより、国内の自然エネルギー普及や温暖化の抑制、省エネルギー(化石燃料の消費削減)等に貢献できます。

2.自主的なCO2削減目標達成に利用できます。

風力・バイオマス等の自然エネルギーは発電時にCO2(二酸化炭素)を排出しないと考えられています。グリーン電力証書の保有により、記載されている電力量(kWh)相当分を自然エネルギー由来の電力を使用しているとみなすことができ、CO2削減を行っているといえます。CO2削減効果は、証書の発電電力量(kWh)に電力会社等のCO2排出原単位(kg-CO2/kWh)を乗じて算出できます。

3.環境コミュニケーション活動に利用できます。

ご契約と同時に、グリーン電力の利用を示すためのマークを提供しています。このマークを使用して企業広告、グリーン電力を利用している工場や建物、製品・サービスのPR、イベントのPR等広くご利用いただけます。

東京都環境確保条例の義務履行に利用できます。

東京都環境確保条例の再エネクレジットとして「グリーン電力証書」をご活用いただけます。

グリーン電力証書

日本自然エネルギー(株)が風力・バイオマス・小水力等によるグリーン電力(自然エネルギー)の利用を証するマークです。
一番左のマークは発電方法を特定せず、グリーン電力を表すマークです。

発電事業者のメリット

  • 電気自体の売電収入のほかに、環境付加価値の提供による収入が得られ、これらにより設備を運営・増強等行えます。
  • 「グリーン電力証書システム」を通じて、多くの企業のCO2削減、環境改善に貢献できます。
Select Your Energy! お客さまとともに自然エネルギーを育てています。
日本自然エネルギー(株)が風力・バイオマス・小水力等による
グリーン電力(自然エネルギー)の利用を証するマークです。